【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン

ニュースリリース -  2022年10月17日
【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン


subsc (サブスク) に新しくオープンしたストアの情報をご案内いたします。


大阪王将公式通販がオープン!

【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン


【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン


創業50年以上の中華専門店「大阪王将」は全国に約360店舗を展開しております。

大阪王将の冷凍食品は長年培った食材の魅力を引き出すノウハウを活用し、大阪王将の伝統の味をご家庭で楽しんでいただけるよう開発されたものです。

「大阪王将」ブランドの冷凍食品は食の安心・安全にこだわり、5フリー(香料・甘味料・着色料・保存料・化学調味料に頼らない商品づくり)を推進し、グループ会社・株式会社イートアンドフーズの関東第一・第二工場と関西工場では世界トップクラスの食品安全システム規格「FSSC22000」を取得しております。


大阪王将の本格中華セットを月替わりでお届け

【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン

大阪王将公式通販 調理イメージ


【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン

餃子タイプのお届け例(※内容は月別で異なります)


【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン

チャーハンタイプのお届け例(※内容は月別で異なります)


【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン

肉餃子


【大阪王将のサブスク】チャーハンや餃子などの本格中華セットを毎月お届け!大阪王将公式通販がオープン

直火炒めチャーハン


中華専門店「大阪王将」の冷凍中華をお得なセットにして毎月1回・定額でお届けいたします。
大阪王将の冷凍中華は「フライパンで焼くだけ」「電子レンジ温めるだけ」の簡単調理なので、テレワーク時や忙しい時の時短調理にも便利にご利用いただけます。

【お届け予定商品】
隔月でメインの内容を変更したセットをお届いたします。
・奇数月(1月・3月・5月・7月・9月・11月):餃子がメインの『餃子タイプ』をお届け
・偶数月(2月・4月・6月・8月・10月・12月):チャーハンがメインの『チャーハンタイプ』をお届け

『餃子タイプ』のお届け例
《メイン商品》
・肉餃子50個(餃子のタレ6袋)
《その他の月替わり商品》
・炒めチャーハン2袋
・エビ塩チャーハン2袋
・大粒肉焼売8個
・鶏しそ餃子12個
・塩焼きそば2食

『チャーハンタイプ』のお届け例
《メイン商品》
・炒めチャーハン4袋+カレーチャーハン2袋(※その他のチャーハン2袋に変更になる場合もあります。)
《その他の月替わり商品》
・エビ塩チャーハン2袋
・大粒肉焼売8個
・鶏しそ餃子12個
・塩焼きそば2食

月替わりでさまざまなメニューを体験できる大阪王将のサブスク。
是非ご家庭で大阪王将の本格中華をお楽しみください。

【冷凍中華惣菜のサブスク】チャーハンや餃子など冷凍中華の定期便
● 配送先:本州・四国・九州
[月額 4,500円/消費税込み]※送料無料


● 配送先:北海道
[月額 5,580円/送料・消費税込み]


● 配送先:沖縄・離島
[月額 5,850円/送料・消費税込み]



● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



\メルマガ登録で、初回 20%OFFクーポンプレゼント/ メールマガジン 登録する
\メルマガ登録で 初回 20%OFFクーポンプレゼント/

subsc|サブスク【毎月1回・定額で届く通販モール】
subsc|サブスク
【毎月1回・定額で届く通販モール】
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選した商品を “毎月1回・定額” でお届けする「サブスクリプションボックス/定期便」専門のショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ