「ちょっとすごいコーヒー」は「かなりすごいコーヒー」だった!

サブスクのある生活 -  2017年12月05日
Original







オープンしたばかりのsubsc(サブスク)ですが、私たちはこちらに出店しているストアのみなさまに、それぞれ直接お会いし、subsc(サブスク)の考え方、そして各ストアの方々の考え方を、お互いに話し合った上で出店に至っています。 

そんなこだわりのストアの皆さまの魅力をお届けしたいという想いで、このsubscマガジンを通じて紹介していきます。


こんにちは。subsc(サブスク)の篠崎太郎です。

今回ご紹介するのは、

「SlowCoffee」

2000年創業。

千葉県松戸市に本社および自社焙煎工場があります。


おいしいコーヒーを提供するために、

良質な「オーガニックコーヒー豆のみ」を、

「フェアトレード」で輸入し、

「自社で焙煎」しているSlowCoffee。


伊勢丹、北野エース、CosmeKitchenなどなど

商品にこだわりをもつ全国のショップでも販売されているので、その名をご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そんなSlowCoffee誕生にまつわるお話を、代表の小澤社長が話されているYouTube動画を発見しましたので掲載させていただきます。


「白い豆を黒くして売る仕事」・・・なんておっしゃってますが、

自分たちのやり方で、

「オーガニック」、「フェアトレード」というものを伝えていきたい・・・

との想いからはじまったSlowCoffee。

 
「オーガニックコーヒーは美味しくない」という固定観念を打ち破る「おいしいオーガニックコーヒーをつくる」ということを目指し、数年かけて辿り着いたという、このSlowCofeeの自家焙煎珈琲。


「おいしい」から興味をもってもらい、

そして

「オーガニックだからおいしい」

「それを続けるためにはフェアなトレードをしないと」

という流れを、

抵抗なく、自然につくってきたのがこの、SlowCoffee なんです。



打合せでお伺いした焙煎工場内にある事務所で、

さりげなくお出しいただいたのが、SlowCoffeeを代表する商品である

「ちょっとすごいコーヒー」

本当においしかったです。

あの香りや、味わい深さを、どうすれば文字で表現できるのでしょう・・・(汗)


店舗もあります

Original

野菜カレー


Original

水出しアイスコーヒー


打合せが終わったその足で、ちょうど昼時だったこともあり、

同じ千葉県松戸市にある「SlowCoffee八柱店」にもおじゃましてきました。

野菜カレーと、食後にいただいた水出しコーヒー、どちらもとても美味しかったです!

帰りにカウンターで販売していた「ちょっとすごいコーヒー」を買ってきました。(その場で豆を粉にしてくれます)

自宅で飲む「ちょっとすごいコーヒー」。

ドヤ顔で「このコーヒーはね・・・」「オーガニックでね・・・」などと言いながら、楽しんでいます。


特別なコーヒーを、日常で楽しむ

Original




ぜひ、みなさまのライフスタイルの中に、 

毎月1回届く、SlowCofeeを取り入れてみてはいかがですか? 

「次はどんな香りのコーヒーが届くかな?」 

「太陽と森の楽園コーヒーってどんな味わいなのかな?」

「またこれが飲みたかったんだよねー!」

「同僚にも飲ませてあげたい!」 


次に届くのが楽しみになる。 

どんなコーヒーが届くがワクワクする。 

いままで知らなかったコーヒーの魅力を発見する。 

そんなsubsc(サブスク)のある生活が、きっとはじまります。 


<subsc(サブスク)とは> 
subsc(サブスク)は、全国のショップ、メーカー、生産者、専門家などが厳選したアイテムを「毎月1回」お届けする、定期購入専門のオンラインショッピングモールです。 

<毎月1回お届け>  
お選びいただいた定期購入商品は、毎月5日~10日の間に各ストアより届けられます。  
料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。  

<いつでも解約可能>  
subsc(サブスク)のウェブサイトを通じて、いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。電話やメールでの解約連絡も必要ありません。また1回のみの利用での解約も可能です。 






subsc | サブスク『毎月1回、定期・定額購入』専門のECモール

毎月、ワクワクをお届け。subsc(サブスク)は、全国の注目ショップなどが厳選したアイテムを “毎月1回・定額” でお届けする『サブスクリプションコマース(定期・定額購入/頒布会)専門のオンラインショッピングモール』です。きっと新しいお気に入りと出会える。


subsc note ID: 30012



subscマガジン 記事一覧はこちら

subscトップページはこちら