開けてみた『マニアが厳選!ご当地レトルトカレーセット』毎月届く、ご当地カレー定期便 2018年11月

サブスクのある生活 -  2018年11月18日
Original



『毎月1回・定期購入/サブスクリプションボックス』サイトsubsc(サブスク)は、  

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けする、サブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。  

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くって実際どうなの?」   
「何がどのくらい届くの?」   

そんな疑問をお持ちの方のために、subsc(サブスク)スタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします!


今回ご紹介するのは日本で唯一の“ご当地レトルトカレー専門店” 『カレーランド』さんの、   

マニアが厳選!ご当地レトルトカレーセット
(月額 3,500円/送料・消費税込み)

カレーランド代表・猪俣 早苗さんは、日本全国のご当地レトルトカレーを1700種類以上食べている、まさに『ご当地レトルトカレーマニア』。数々のメディアにも登場されています。

日本各地に2000種類以上あるというご当地レトルトカレーの中から、猪俣さんが厳選したカレーセットを"毎月1回・定額で" 届けてくれる『ご当地レトルトカレーのサブスクリプションボックス(定期便)』です。 

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。 
※ お届け先の指定や途中からの変更も可能です。 


4種類のご当地レトルトカレーが到着!

Original




ご当地レトルトカレーは、そのご当地の特産品を使用したものが多いため、1個500円前後のものから数千円するような高級食材を使用したものまで、非常に値段の幅が広いのも特徴だと思います。

そのようなバラエティ豊富なご当地レトルトカレーの中から厳選された2〜5種類のご当地レトルトカレーが毎月届くというこちらの『ご当地レトルトカレーのサブスクリプションボックス(定期便)』。

今月(2018年11月)は先月同様4種類のご当地レトルトカレーが届きました。

カレーランド代表・猪俣 早苗さんによる手書きコメント付き!


北海道・秋刀魚カレー

Original




北海道・厚岸『秋刀魚(さんま)カレー』
(有限会社 高嶋食品)

<猪俣 早苗さんコメント>
『秋の味覚、さんまのカレーです。パッケージのようにブツ切りではなく三枚おろしのていねいなつくりです。さんまの香りが良いのはもちろんあわせるのが角切り大根というセンスも大好きなカレーです。』

秋といえばサンマ、サンマに合わせるのは大根おろし、という組み合わせをカレーで再現した?《海鮮さんまカレー》。香りの時点ですでにサンマを感じさせ、サンマの身もふっくら、カレールウにもしっかりと秋刀魚の味わいを感じることができました。カレーとサンマが合うとは!


青森県・三沢基地カレー ポーク中辛

Original




秋田県・隊員食堂監修『三沢基地カレー・ポーク中辛』
(一般社団法人 三沢市観光協会)

<猪俣 早苗さんコメント>
ネット販売禁止のレアカレー!
三沢基地の食堂カレーをレトルト化したものです。辛めの中辛。大きなカットの具材。隊員から愛されているカレーです。色々な事情からネット販売禁止。販売店もあまりないというちょっとレアなカレーです。』


パッケージからは一切のカレー感を感じさせない “航空自衛隊 三沢基地・隊員食堂” 監修のポークカレーは、ネット販売禁止のレアなご当地カレー!猪俣さんのコメントにあるように、ちょっと辛めのポークカレー。スパイスが効いてます。三沢基地の皆さんはこのカレーを食べているか・・・などと思いを馳せながらいただきました。


福井県・福地鶏と越のルビーのチキントマトカレー

Original




福井県『福地鶏と越のルビーのチキントマトカレー』
(春江農業協同組合)

<猪俣 早苗さんコメント>
カレー探しの旅で見つけたよ!
甘みの強い越のルビーの良さが活きたクリームベースのカレーです。まろやかなだけでなく、後から辛みも楽しめる大人のカレーです。(このトマトクリームの感じはパスタにあわせてもおいしいかもしれません。)地元の人が買い物する直売所で見つけたカレーです!』


福井県産の地鶏である『福地鶏』と、同じく福井県にて開発された甘みの強いミディトマト(=大玉トマトとミニトマトの中間)である『越のルビー』を贅沢に使った福井県のご当地カレー。間違いなくカレーなのにカレーという一言では片付けられないような不思議な美味しさのチキントマトカレー。猪俣さんのコメント通り辛さもしっかりと効いたいるため、まさに“大人のカレー”。これはハマる方続出の予感!


熊本県・黒樺牛ビーフカレー

Original


熊本県『黒樺牛(くろはなぎゅう)ビーフカレー』
(株式会社 杉本商店)

<猪俣 早苗さんコメント>
『美しい霜降りが白樺のようだと名付けられた熊本県の黒毛和牛。自社牧場だから叶えられた、ふんだんな肉量のぜいたくビーフカレー!牛テールスープで作ったルーもとにかくおいしくて、いくつかの番組で「死ぬまでに一度はたべてほしいカレー」として紹介しました。』

これは豪華!高級黒毛和牛ブランド「黒華牛(くろはなぎゅう)」を生産する杉本本店が手がけたビーフカレー。「ビーフカレー」を名乗りながら、食べて見ると肝心の肉が見当たらない・・・なんてことはこのカレーではありません。肉肉しい絶品ビーフカレーを堪能できました!


毎月届く、ご当地レトルトカレーを通じて

今月は「北海道」「青森県」「福井県」「熊本県」の4種のご当地レトルトカレーが届きました。

『ご当地レトルトカレー』は、その地域の特産品を使ったレトルトカレー。 

ご当地レトルトカレーを通じて、そのカレーの背景にあるストーリーを伝え、その地域に興味をもってもらい、足をはこんでもらいたい、という想いで地域を盛り上げる活動をしようと自ら『ご当地レトルトカレー協会』を立ち上げた猪俣早苗さん。

Yahoo! JAPANにて先日スタートした、厳選されたクリエイターやインフルエンサーが動画コンテンツなどを投稿する「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」にも選出され、ますます活躍の場を広げられています。(⇒詳しくはこちら

その猪俣さんが厳選した「ご当地レトルトカレーセット」が毎月届くこちらのサブスクリプションボックス(定期便)。

次回はどんなご当地カレーが届くのか、楽しみに待ちたいと思います。


● subsc(サブスク)とは
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けする、サブスクリプションボックス(定期購入)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 
毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。
料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能
いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ