フェアトレード X オーガニックコーヒーのサブスク「スローコーヒーの定期便」2019年4月

サブスクのある生活 -  2019年04月10日
Original



subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くって実際どうなの?」
「何がどのくらい届くの?」

そんな疑問をお持ちの方のために、subsc(サブスク)スタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします! 

今回ご紹介するのは「SlowCoffee」さんの、

焙煎したて!!オーガニック・フェアトレードのスローコーヒー (粉) 500gを毎月お届け
(月額 4,300円/送料・消費税込み)

● 良質なオーガニックコーヒー豆のみを 
フェアトレードで輸入し 
自社で焙煎している 

SlowCoffeeさんが、毎月1回・定額で、焙煎したてのコーヒー (粉) を届けてくれる「オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス(定期便)」です。  

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


エクアドル産 “ちょっとすごいコーヒー”

Original




今月 (2019年4月) 届いたコーヒーはこちら!  

ちょっとすごいコーヒー(粉) 】   
● 深煎り(フレンチロースト)  
● 産 地:エクアドル
● 生産者:エクアドル・インタグ地区コーヒー生産者組合AACRI
● 内容量:500g  
(1杯あたり11gとして約45 杯分)

商品ページより) 
中南米エクアドルの生態系豊かな森の中、今注目のアグロ・フォレストリーシステム(森林栽培)によって、バナナやアボガドなどと一緒に無農薬栽培で育てられた、高品質なコーヒー豆です。


焙煎したてのオーガニックコーヒーを淹れる

Original




Original




スローコーヒーさんの「オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス (定期便) 」は、千葉県松戸市の自社焙煎工場にて焙煎したての状態で届けてくれます。

お湯を注ぐとペーパーフィルターの中のコーヒーがムクムクと膨らんでくるのと同時に、コーヒーの良い香りが部屋を包み、抽出されたばかりのオーガニックコーヒーが少しづつサーバーにたまっていきます。ハンドドリップでコーヒーを淹れる際のとても楽しみな瞬間です。


ちょっとすごいコーヒーを楽しむ

Original




今回は焼き菓子と一緒に “ちょっとすごいコーヒー” をいただきました。コクと苦味のバランスが絶妙な深煎りのコーヒーとスイーツが良く合います。

かつて「オーガニックコーヒーは美味しくない」といわれた中、その固定観念を打ち破る “おいしいオーガニックコーヒー” を目指し完成させたスローコーヒーさんの自家焙煎珈琲。

中南米エクアドルの森の中で、無農薬栽培によって育てられた「ちょっとすごいコーヒー」。今回も間違いのない美味しさです。


フェアトレード X オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス

Original


スローコーヒーさんの4種類のオーガニックコーヒーの中から、毎月1種類が月替りで届くこちらの「オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス (定期便) 」

フェアトレード」で輸入された「良質なオーガニックコーヒー」を「焙煎したて」の状態で毎月1回、届けてくれます。

subsc (サブスク)では送り先の指定ができるので、毎月贈るコーヒーギフトとして、また職場で楽しむコーヒーとしてのご利用にもおすすめです。

次回はどのスローコーヒーが届くのでしょうか。「ちょっとすごいコーヒー」を楽しみながら待ちたいと思います。


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ