日本茶エンターテインメント!日本茶の新しい楽しみ方を提案する CHABAKKA TEA PARKS

ストアのこだわり -  2019年08月27日
Original



subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けする サブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

私たちはこちらに出店しているストアのみなさまに直接お会いし、  

何が届くか毎月ワクワクする
新しいお気に入りと出会える

という新しいショッピング体験の提供に取り組む subsc の考え、そして各ストアの皆さまの考え方を、お互いに話し合った上で出店に至っています。  

そんなこだわりのストアの皆さまの魅力をお届けしたいという想いで、このsubscマガジンを通じて紹介していきます。 

今回は「 CHABAKKA TEA PARKS 」さんのご紹介です。 

日本茶エンターテインメント」をコンセプトに、日本茶の新しい楽しみ方を鎌倉から提案する CHABAKKA TEA PARKS さんが、全国から厳選した希少価値の高い「シングルオリジン日本茶」を “毎月1回・定額” で届けてくれます。


一杯の日本茶の美味しさに衝撃

Original




CHABAKKA TEA PARKS を企画・運営する株式会社Third Bay 代表の三浦 健さんはファッション業界出身。

株式会社TOKYO BASE(旧STUDIOUS)の立ち上げメンバーとして、創業から東証一部上場までを中心メンバーとして携わった後、2017年に起業されました。

高校時代から、将来は自ら起業することを考えていたという三浦さん。長年培ってきたノウハウや技術を活かし、日本の誇る伝統産業において新たな価値やサービスを創造し、世の中に提供することはできないだろうかと模索していた中で出会ったのが「日本茶」でした。

出身地である静岡に帰省した際に、母親が何気なく出してくれた一杯の日本茶の美味しさに衝撃を受けたそうです。

「日本茶には別次元と感じるほどに美味しい、あまり知られていない日本茶が存在する」「日本茶にはまだ世の中に伝えられていない価値と無限の可能性が眠っている」との考えから、この「CHABAKKA TEA PARKS」をスタートさせました。


CHABAKKA TEA PARKSの由来

Original




「CHABAKKA TEA PARKS」という名前の由来は、「CHABAKKA(茶バカ・茶ばっかり・茶葉)」と「TEA PARKS(誰もが気楽に集い、自由気ままに過ごす公園のような場所)」という意味が込められています。

またロゴマークには、「顧客 (Customer) 」、「生産者 (Producer) 」、「日本茶業界 (Tea industry) 」と、「チャ (CHA) 」「バッカ (BAKKA) 」の2つの意味合いのそれぞれの頭文字が掛け合わされています。そしてロゴマーク全体を茶の湯の湯気で表現し、「今日的でありつつも日本茶のスピリッツを継承する店」という思いを込めたそうです。デザインも三浦さん自らが考案!


CHABAKKA TEA PARKS 鎌倉店を訪問

Original




日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」鎌倉店を訪問してきました。

鎌倉駅西口より、徒歩わずか1分!


希少価値の高いシングルオリジン日本茶

Original




CHABAKKA TEA PARKSで取り扱っているのは、国内総生産量の1%未満しか作られていないという、希少価値の高いシングルオリジン(単一品種)日本茶のみ。

「煎茶・ほうじ茶・釜炒り茶・和紅茶・和烏龍茶・抹茶・碾茶 (てんちゃ)」の一番茶やオーガニック栽培に特化した全7種類、13品種のシングルオリジン日本茶をラインナップしています。

CHABAKKA TEA PARKSを「日本各地の希少な日本茶を一番取り揃えた場所にしたい」という代表の三浦さん。

その日本茶は、全国各地の生産農家へ自ら足を運び直接セレクト。こだわり抜いた日本茶の数々が並んだ様子は壮観です。取り扱うシングルオリジン日本茶の種類は今後も増えていくそうです。


ビールサーバーから注ぐドラフトティー

Original


Original


日本茶エンターテインメント」をコンセプトに、日本茶の新しい楽しみ方を提案する CHABAKKA TEA PARKS。

この日最初にいただいたのは、ビールサーバーから直接注ぎ入れる日本初の「ドラフトティー」。品種は水出し煎茶「あさつゆ(鹿児島県産)」でした。

窒素が充填されたサーバーから、まさにビールのように日本茶を注ぎます。クリーミーな口当たりとすっきりとした味わいは経験したことのない美味しさ。サーバーから自分で注ぐ楽しさも体感できます。まさに日本茶エンターテインメント!


有田焼ハンドドリッパーで淹れる日本茶

Original


続いていただいたのは、ハンドドリップで淹れる日本茶。代表の三浦さんが自らドリップしてくださいました。

三浦さんが自身で考案し、有田焼の窯元の協力を得て開発したオリジナル・ドリッパーで日本茶を抽出していきます。


日本茶の旨味を最大限に味わう

Original


注いだお湯でまずは茶葉を蒸らし、決められた時間を経てボタンを押すと下部のサーバーに日本茶が抽出される仕組みです。

急須で淹れる日本茶はもちろん美味しいのですが、お茶の旨味が急須の底の部分に残ってしまうことも。この方式であれば、日本茶の旨味を逃すことなく最大限に味わうことができます。


Original


「より美味しくお茶を淹れる方法はないだろうか」という発想からこの方式に辿り着いたという三浦さん。お茶を淹れている過程を見ているのも楽しみの一つです。ここでも「日本茶エンターテインメント」を体現しています。


至極の日本茶を楽しむ生活

Original


この日、CHABAKKA TEA PARKSにて「あさつゆ(深蒸し煎茶/産地:鹿児島頴娃)」と「ふくみどり(棒ほうじ茶/産地:埼玉狭山)」を購入してきました。

オリジナルの茶缶(キャニスター)もシンプルでおしゃれなデザインです。その茶缶には茶葉の解説のほかに、最適な「お湯の温度」、「抽出時間」、「茶葉の量」、「お湯の量」が記載さているため、お店で飲むような本格的な味わいを再現することができます。これは便利!


厳選された日本茶が毎月届くサブスクリプションボックス

Original


CHABAKKA TEA PARKS が、全国選りすぐりの生産農家から直接セレクトした希少なシングルオリジン日本茶の数々。

「煎茶・ほうじ茶・釜炒り茶・和紅茶・和烏龍茶・抹茶・碾茶 (てんちゃ)」の一番茶やオーガニック栽培に特化した全7種類、13品種のシングルオリジン日本茶などの中から厳選、毎月1回・定額で届けてくれる「日本茶のサブスクリプションボックス (定期便) 」。


どんな日本茶が届くか、毎月ワクワクする
今まで知らなかった、お気に入りの日本茶と出会える」 

そんなsubsc (サブスク) のある生活をぜひ体験してください。

● 毎月1種類届く!
【日本茶のサブスク】全国から厳選したシングルオリジン日本茶(50g ×1種類)を毎月ランダムにお届け
(月額 2,000円/送料・消費税込み)

● 毎月3種類届く!
【日本茶のサブスク】全国から厳選したシングルオリジン日本茶(50g ×3種類)を毎月ランダムにお届け
(月額 5,400円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



メルマガ登録で、20%OFFクーポンプレゼント!
メルマガ登録で、20%OFFクーポンプレゼント!




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ