タワーレコード「クラシック音楽のサブスク」名曲から定番までおすすめCDが毎月届く(2019年9月)

サブスクのある生活 -  2019年09月15日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くって実際どうなの?」
「何がどのくらい届くの?」

そんな疑問をお持ちの方のために、subscスタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします!      

今回ご紹介するのは「タワーレコード・クラシック」さんの、

はじめてのクラシック~タワー・セレクト
(月額 2,500円/送料・消費税込み)

タワーレコードが誇る "最強の" クラシック・チームが毎月1回、クラシックCDを厳選して届けてくれるという「クラシックCDのサブスクリプションボックス (定期便) 」です。

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


クラシック音楽の名曲を、タワレコ最強チームが毎月セレクト

Original


こちらの「はじめてのクラシック~タワー・セレクト」では、名曲から定番まで、数あるクラシック音楽作品の中から、タワレコ最強のクラシック・チームがおすすめのCDを厳選し、毎月1回・定額で届けてくれるというもの。

今回(2019年9月)は、2019年第16回チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門にて第2位に入賞した、日本人ピアニスト・藤田真央さんの作品が届きました。


藤田真央 (ピアノ) ワーグナー=リスト 歌劇「タンホイザー序曲」他

Original


Original


藤田真央(ピアノ)ワーグナー=リスト 歌劇「タンホイザー序曲」他

(タワーレコードさんアイテム説明より)
今回は2019年第16回チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門にて第2位に入賞した、日本人ピアニスト・藤田真央をご紹介いたします。 

同コンクールは、エリザベート王妃国際音楽コンクール、ショパン国際ピアノ・コンクールと並ぶ世界3大コンクールの1つで、4年に1度開催されています。 

藤田真央は、今秋には映画『蜜蜂と遠雷』で風間塵役の演奏を担当するなど、今後が注目のピアニストです。
 
ワーグナー=リスト 歌劇「タンホイザー序曲」、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」、プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番が収録されたアルバムです。 





タワーレコード・クラシックのサブスクリプションボックス

Original


今月は、1998年東京都生まれ、3歳からピアノを始めたという藤田真央さんの作品が届きました。今年6月に開催された「チャイコフスキー国際コンクール」のピアノ部門で2位を獲得した注目の日本人ピアニストによるセカンド・アルバム(録音時は15歳!)。今月はこちらをじっくり聞きたいと思います。


クラシック音楽が聴きたいけど、何から聴けばいいか分からない」という方に、

● オススメしたい名曲名演の数々
● どこかで聴いたあの曲
● 初めて聴く新鮮味に溢れた作品

などを織りまぜながら、タワーレコード・クラシックチームの皆さんが “おまかせ” で厳選クラシックCDを届けてくれる「クラシック音楽のサブスクリプションボックス (定期便) 」

はじめてのクラシック~タワー・セレクト
(月額 2,500円/送料・消費税込み)

ちょっと上質のCLASSIC知識~社交知識を身に付けたい方へはこちらがおすすめです。
プレミアム・クラシック~タワー・セレクト
(月額 4,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン


subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ