【コーヒーのサブスク】オーガニック・フェアトレード SlowCoffee の定期便 2020年12月

サブスクのある生活 -  2020年12月25日


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subsc スタッフが実際に利用してみた様子をレポートします!

今回ご紹介するのは「SlowCoffee」さんの、
お得なメール便!オーガニック・フェアトレードのスローコーヒー【粉】(※豆も可) を毎月お届け
(月額 2,481円/送料・消費税込み)

● 良質なオーガニックコーヒー豆のみを 
● フェアトレードで輸入し 
● 自社で焙煎している 

SlowCoffeeさんが、毎月1回・定額で、焙煎したてのコーヒーを届けてくれる「オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス(定期便)」です。  

※ 1回ご利用後の解約やスキップ (1回お休み) も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


スローコーヒーの定期便が到着



SlowCoffee さんから毎月届く「オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス (定期便) 」は、専用ボックスに入った状態でポストへ投函されます。簡易包装で届くため、開封後はすぐに密封できる容器へ移し替えています。


エクアドル産 "ちょっとすごいコーヒー"



今月 (2020年12月) 届いたオーガニックコーヒーはこちら!  

ちょっとすごいコーヒー(粉)  】      
● 深煎り (フレンチロースト)  
● 産 地:エクアドル
● 生産者:エクアドル・インタグ地区コーヒー生産者組合AACRI
● 内容量:350g  

中南米エクアドルの生態系豊かな森の中、今注目のアグロ・フォレストリーシステム (森林栽培) によって、バナナやアボガドなどと一緒に無農薬栽培で育てられた、高品質なコーヒー豆です。(商品ページより)


焙煎したてのオーガニックコーヒー



SlowCoffee さんによる「オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス (定期便) 」では、千葉県松戸市の自社工場で焙煎したばかりのコーヒー (粉) を、毎月1回・届けてくれます。(※「粉」ではなく「豆」をご希望の際は、注文時の備考欄に「豆希望」などとご記載ください)

お湯を注いでいくと、焙煎したてのオーガニックコーヒーがむくむくと膨らんでいき、部屋中をコーヒーのとても良い香りが漂います。


スローコーヒーでおうちカフェ



「深いコクと苦味のバランスが絶妙で、果実のような甘みも感じます」と記載されている、エクアドル産の “ちょっとすごいコーヒー”。

この日は「シフォンカフェ ボン・ムー」さんから今月届いたシフォンケーキとおやつ時にいただきました。


オーガニックコーヒーのサブスクリプションボックス



SlowCoffee さんの4種類のオーガニックコーヒーの中から、毎月1種類・350g〜400g(種類により異なる)が月替りで届くこちらの「オーガニック・フェアトレードコーヒーのサブスクリプションボックス (定期便) 」

「フェアトレード」で輸入された「良質なオーガニックコーヒー」を「焙煎したて」の状態で毎月届けてくれます。

来月はどのスローコーヒーが届くのでしょうか?楽しみに待ちたいと思います。

お得なメール便!オーガニック・フェアトレードのスローコーヒー【粉】(※豆も可)を毎月お届け
(月額 2,481円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン 登録する
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン

subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】
subsc | サブスク
【何が届くか、毎月ワクワク】
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ