【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録1「手打ちそば かみやま 」

スタッフブログ -  2021年10月04日


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

こちらのスタッフブログでは、全国の美味しいお蕎麦が “毎月1回・定額” で届く「蕎麦のサブスクリプションボックス (定期便) の実現を目指し、蕎麦好きな subsc スタッフが各地のお蕎麦 (生そば / 乾麺) を食していく様子をアップしております。

日々食べているお蕎麦の中からオススメを月1回程度、備忘録もかねてこちらで紹介していきます。
これまで乾麺がメインでしたが、今月からお取り寄せした生そばも取り上げていきます。


「手打ちそば かみやま」の生そば




(冷凍生そば。ツユ・解説付き)



(12時間以上かけて解凍)


今回お取り寄せしたのは、以前訪れたこともある栃木の名店「手打ちそば かみやま」さんの生そば。三合を電話にて注文しました。

手打ちそば かみやま
● 内容量 :三合
● 注文  :電話またはFAX
● 料金  :3,865円(関東までの送料含む)

公式ウェブサイト
https://www.kamiyama-soba.com/index.html


地粉・自家製粉・湧き水でつくる手打ち蕎麦



かみやまさんのお蕎麦は、地元のそば栽培農家から直接買い入れた玄そばを、独自の製法で自家製粉した蕎麦粉を使用しています。また、そば打ちに使用する水は、店の裏から湧き出る秋山川の湧き水を使用しているとのこと。

冷凍で届いた今回の生蕎麦を、同封の解説に書いてある通り冷蔵庫で12時間以上かけてじっくりと解凍、たっぷりのお湯でゆでました。残念ながら茹で方がうまくいかず蕎麦が切れてしまったのですが、抜群の香り・コシ・喉越しを堪能することができました!

しかし蕎麦を美味しく茹でるというのは本当に難しいですね。蕎麦職人さんが茹でてくれたお蕎麦を風味を落とさず冷凍することが出来れば、自宅でも失敗せず美味しいお蕎麦がいただけるのに…そのあたりも調べてみたいと思います。


お蕎麦屋さんでも食べています「嘉一 (東京 / 浜松町)」


(まずはせいろ蕎麦が到着)



(続いて田舎蕎麦が)


こちらは実際にお蕎麦屋さんで食べた際の写真です。今回は東京都港区、浜松町駅から徒歩3分ほどにある「嘉一」さんで食べた際の写真を。

この日はお昼時に「二色もり(1,200円)」を注文。この二色もりは、「せいろと田舎そば」の2種類を楽しめるメニュー。そのほかに柚子切りそばもあり、これも含めた「三色もり」というメニューもありました。

まずは「せいろ」が到着。食べ始めると頃合を見て「田舎そば」を出してくれます。それぞれ食感の異なる2種類のお蕎麦を食べ比べ。香り高いお蕎麦、ボリュームもたっぷりあり満腹になりました!

「全国の名店のお蕎麦を “毎月1回・定額で” お届けするサブスクリプションボックス (定期便) 」の実現へ向け、引き続き蕎麦を食べ続けようと思います。


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン 登録する
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン

subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】
subsc | サブスク
【何が届くか、毎月ワクワク】
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ