【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録6「そば処 庄司屋(山形県)」

スタッフブログ -  2022年04月04日
【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録6「そば処 庄司屋(山形県)」


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

こちらのスタッフブログでは、全国の美味しいお蕎麦が “毎月1回・定額” で届く「蕎麦のサブスクリプションボックス (定期便) の実現を目指し、蕎麦好きな subsc スタッフが各地のお蕎麦 (生そば / 乾麺) を食していく様子をアップしております。

日々食べているお蕎麦の中からオススメを月1回程度、備忘録もかねてこちらで紹介していきます。

今回は山形県からお取り寄せした生蕎麦(冷凍)をご紹介!


そば処 庄司屋の生そば

【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録6「そば処 庄司屋(山形県)」


【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録6「そば処 庄司屋(山形県)」


【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録6「そば処 庄司屋(山形県)」


今回お取り寄せしたのは、山形県内に2店舗を構える老舗「そば処 庄司屋」さんの生蕎麦です。

そば処 庄司屋
● 商品名 :【急速冷凍手打ちそば】 といちそば
● 内容量 :3人前(150g x3)つゆ付き(70ml x3)
 ※ そば湯用そば粉、七味、箸付き
 ※ 解凍方法や茹で方などの解説付き
● 注文  :公式サイト
 https://www.shojiya.jp/
● 料金  :3,240円(税込。そば2,250円+関東までの送料990円)
※ 2022年3月購入時の情報です。


創業150年、庄司屋伝統の手打ちそば

【蕎麦のサブスク?】そば(生そば)備忘録6「そば処 庄司屋(山形県)」


慶応の時代に創業、150年以上の歴史を持つ山形一の老舗・庄司屋さんでは、先祖伝来の手打ちそばに徹し、その手法を現代に伝えています。

今回お取り寄せしたのは、そば粉十割つなぎ一割の庄司屋伝統の手打ち「といちそば」。そば粉は山形産「でわかおり」を中心に、純国産そばを石臼挽きで自家製粉したものを使用しています。

やや太めの麺はコシがしっかりあり食感も、噛むほどに口の中に蕎麦の良い香りが広がります。今回は3人前を(1人で)美味しくいただきました!

同封のパンフレットには見るからに美味しそうな「さらしな」や天ぷらの写真も掲載されていました。山形訪問の際にはぜひ訪問したいお蕎麦屋さんです。

「全国の名店のお蕎麦を “毎月1回・定額で” お届けするサブスクリプションボックス (定期便) 」の実現へ向け、引き続き蕎麦を食べ続けようと思います。


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン 登録する
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン

subsc|サブスク【毎月1回・定額で届く通販モール】
subsc|サブスク
【毎月1回・定額で届く通販モール】
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選した商品を “毎月1回・定額” でお届けする「サブスクリプションボックス/定期便」専門のショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ