タワーレコード「クラシック音楽のサブスク」名曲から定番までおすすめCDが毎月届く(2019年12月)

サブスクのある生活 -  2019年12月13日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くって実際どうなの?」
「何がどのくらい届くの?」

そんな疑問をお持ちの方のために、subscスタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします!      

今回ご紹介するのは「タワーレコード・クラシック」さんの、

はじめてのクラシック~タワー・セレクト
(月額 2,500円/送料・消費税込み)

タワーレコードが誇る "最強の" クラシック・チームが毎月1回、クラシックCDを厳選して届けてくれるという「クラシックCDのサブスクリプションボックス (定期便) 」です。

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


クラシック音楽の名曲を、タワレコ最強チームが毎月セレクト

Original


こちらの「はじめてのクラシック~タワー・セレクト」では、名曲から定番まで、数あるクラシック音楽作品の中から、タワレコ最強のクラシック・チームがおすすめのCDを厳選し、毎月1回・定額で届けてくれるというもの。

今回は12月ということで、アメリカやヨーロッパでクリスマスシーズンに上演される、クリスマスの夜を舞台にしたバレエ音楽「くるみ割り人形」の名盤が届きました!


チャイコフスキー バレエ音楽「くるみ割り人形」(全曲)

Original


Original


「チャイコフスキー バレエ音楽《くるみ割り人形》(全曲)」

● 指揮 :アンドレ・プレヴィン
● 演奏 :ロンドン交響楽団

(タワーレコードさんアイテム説明より)
今回はアメリカやヨーロッパでは、クリスマスシーズンになるとあちこちの劇場で上演されるクリスマスの夜を舞台に、夢の世界を描いたチャイコフスキー作曲のバレエ音楽「くるみ割り人形」。ロマンティックな幻想や華やかさを見事に描いた名曲です。プレヴィン&ロンドン響の名盤をご紹介いたします。


タワーレコード・クラシックのサブスクリプションボックス

Original


今回届いたCDの解説文章には以下のように書かれていました。

「40代前半の才気ほとばしるプレヴィンが、ソリスト級のスター・プレイヤーを擁した全盛期のロンドン交響楽団を見事にドライヴして、チャイコフスキーのメルヘンの世界を存分に描ききっている名演である。数ある『くるみ割り人形』の録音の中でもひときわ輝く存在として、録音から40年以上経った今なお、この曲のベスト盤の地位を譲っていない。」

「クリスマスに聴きたいクラシック」「くるみ割り人形」「その中でもベストといわれる名盤」そんな、“今聴くべきクラシック作品” を今月も届けてくれました!

クラシック音楽が聴きたいけど、何から聴けばいいか分からない」という方に、

● オススメしたい名曲名演の数々
● どこかで聴いたあの曲
● 初めて聴く新鮮味に溢れた作品

などを織りまぜながら、タワーレコード・クラシックチームの皆さんが “おまかせ” で厳選クラシックCDを届けてくれる「クラシック音楽のサブスクリプションボックス (定期便) 」

はじめてのクラシック~タワー・セレクト
(月額 2,500円/送料・消費税込み)

ちょっと上質のCLASSIC知識~社交知識を身に付けたい方へはこちらがおすすめです。
プレミアム・クラシック~タワー・セレクト
(月額 4,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン


subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ