タワーレコード「クラシック音楽のサブスク」名曲から定番まで厳選CDが毎月届く定期便(2020年4月)

サブスクのある生活 -  2020年04月14日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subscスタッフが実際に利用してみた様子をレポートします!      

今回ご紹介するのは「タワーレコード・クラシック」さんの、

はじめてのクラシック~タワー・セレクト
(月額 2,500円/送料・消費税込み)

タワーレコードが誇る "最強の" クラシック・チームが毎月1回、クラシックCDを厳選して届けてくれるという「クラシックCDのサブスクリプションボックス (定期便) 」です。

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


クラシック音楽の名作を、タワレコ最強チームが毎月セレクト

Original


こちらの「はじめてのクラシック~タワー・セレクト」では、名曲から定番まで、数あるクラシック音楽作品の中から、タワーレコード最強のクラシック・チームがおすすめのCDを厳選し、毎月1回・定額で届けてくれるというもの。

今回は、あのビートルズの曲とクラシックの名曲をミックスした作品、そして4月=春にちなんだクラシック・アルバムが届きました!


「ビートルズ・ゴー・バロック2」

Original


「ビートルズ・ゴー・バロック2 / BEATLES GO BAROGUE 2」

(商品説明より)
ビートルズの名曲をバロック調にアレンジし、世界的ブームとなった『ビートルズ・ゴー・バロック』。ビートルズが最後に録音したアルバム『アビイ・ロード』の発売50周年となる2019年、26年振りに第2弾が登場しました。「イエスタデイ」や「抱きしめたい」などをバッハやヴィヴァルディの作品とミックス・アレンジしています。

ゲット・バック(「夏」第3楽章)




バーンスタイン&ニューヨーク・フィル「シューマン:交響曲第1番《春》&第2番」

Original


「バーンスタイン&ニューヨーク・フィル / シューマン:交響曲第1番《春》&第2番」

● 指揮:レナード・バーンスタイン
● 演奏:ニューヨーク・フィルハーモニック

(商品説明より)
春にちなんで、「春」というタイトルがついたクラシックの名曲をご紹介します。シューマンの名曲「交響曲第1番《春》」。この録音はまだバーンスタインがニューヨーク・フィルの音楽監督としてのキャリアをスタートさせた頃。全米を魅了した奔流のような勢いそのものが感じられる演奏です。


タワーレコード・クラシックのサブスクリプションボックス

Original


クラシック音楽が聴きたいけど、何から聴けばいいか分からない」という方に、

● オススメしたい名曲名演の数々
● どこかで聴いたあの曲
● 初めて聴く新鮮味に溢れた作品

などを織りまぜながら、タワーレコード・クラシックチームの皆さんが “おまかせ” で厳選クラシックCDを届けてくれる「クラシック音楽のサブスクリプションボックス (定期便) 」

次回のお届け内容はすでに商品ページで発表されていますので、ぜひご覧ください。 
はじめてのクラシック~タワー・セレクト
(月額 2,500円/送料・消費税込み)

ちょっと上質のCLASSIC知識~社交知識を身に付けたい方へはこちらがおすすめです。
プレミアム・クラシック~タワー・セレクト
(月額 4,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ