【花のサブスク】greenpiece「ドライフラワーになりやすいお花の定期便」2020年9月

サブスクのある生活 -  2020年09月11日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subsc スタッフが実際に利用してみた様子をレポートします! 

今回ご紹介するのは秋田の「greenpiece(グリーンピース)」さんによる、

ドライフラワーになりやすいお花の定期便(サブスク)
(月額 4,000円/送料・消費税込み)

生花やドライフラワーなど、お花の楽しみ方や魅力を発信する greenpieceさんが「ドライフラワーになりやすいお花」を “毎月1回・定額” で届けてくれます。

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


お花の定期便が到着

Original


greenpiece さんの「ドライフラワーになりやすいお花の定期便」が専用ボックスで届きました。花束が崩れない工夫がされた包装で、とてもきれいです。


花束と、花の名前や吊用フックも

Original


Original


この「ドライフラワーになりやすいお花の定期便」では、長年ドライフラワーを作り続けてきた greenpieceさんがセレクトしたお花が毎月届きます。

箱の中には花束のほかに、リーフレット、花の名前も書かれた解説「ドライフラワーの作り方」、花を吊るためのフックも同封されていました。


染め花を含む12種類のお花

Original


《 2020年9月に届いた花 》
● 染めセルリア
● 染めかすみ草
● 染めマトリカリア
● ドライアンドラ
● ハイビスカス ローゼル
● プロテア ロビン
● スターチス
● トウガラシ
● コニカルブラック
● ユーカリ
● アンブレラファーン
● シルバーグローリー

以上12種類のお花が届きました。

今回は「染めセルリア」「染めかすみ草」「染めマトリカリア」と、染め花が3種類!こうした染め花を楽しめるのも greenpiece さんの定期便の魅力です。

それぞれのお花の解説が greenpiece さんのウェブサイトに掲載されているので是非ご覧ください。
お花の定期便9月号(greenpieceウェブサイト)」


花瓶に活けて楽しむ

Original


届いたお花をまずは花瓶に活けて飾りました。3種類の染め花と存在感のある「プロテア ロビン」が一際目を惹きます。


スワッグにして楽しむ

Original


続いてはスワッグ(壁飾り)作りを。解説には「なるべく新鮮で元気なうちにドライフラワーにすると色の褪色や花びらが散るのを防ぐことができます」とありました。

ふだん何もなかった壁にスワッグを飾ると部屋の雰囲気がグッと上がります!これからの色合いの変化も楽しみたいと思います。


ドライフラワーになりやすいお花が毎月届くサブスクリプションボックス

Original


greenpiece さんから毎月1回・定額で届く「花のサブスクリプションボックス (定期便) 」。

長年ドライフラワーを作り続けてきた greenpiece さんがセレクトしたお花を毎月届けてくれます。

お届け先の指定もできるので「毎月贈るお花のギフト」としてのご利用にもおすすめです!

ドライフラワーになりやすいお花の定期便(サブスク)
(月額 4,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ