【コーヒーのサブスク】焙煎したてのスペシャルティコーヒー豆が毎月届く定期便(2021年9月)

サブスクのある生活 -  2021年09月27日


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc (サブスク) とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subsc スタッフが実際に利用してみた様子をレポートします!

今回ご紹介するのは京都の自家焙煎コーヒースタンド Coffee Base KANONDO (コーヒーベース・カンオンドウ) さんの、

【200g×1種 エコノミーコース】焙煎したてのスペシャルティコーヒー豆を毎月お届けします
(月額 1,598円/送料・消費税込み)

世界の総流通量のわずか5%しかないといわれるスペシャルティコーヒーが “毎月1回・定額で” 届く「スペシャルティコーヒーのサブスクリプションボックス(定期便) 」です。

※ 1回ご利用後の解約やスキップ (1回お休み) も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


京都から毎月届くスペシャルティコーヒーの定期便





京都の中心部・四条烏丸にある自家焙煎コーヒースタンド、Coffee Base KANONDOさんによるサブスクリプションボックス (定期便) では、シーズンに合わせたおすすめのスペシャルティーコーヒー豆を発送する直前に焙煎し、毎月1回・届けてくれます。 

こちらの【200g×1種 エコノミーコース】は、ポスト投函 (ゆうパケット) で届きます。


コスタリカ産スペシャルティコーヒー豆



今回(2021年9月)届いたのはコスタリカ産のスペシャルティコーヒー豆でした。

コスタリカ ジャガープロジェクト
 COSTA RICA, Jaguar Project
● 生産国 :コスタリカ
● 内容量 :200g(100g x2)
● 焙 煎 :やや深煎り


コスタリカ産スペシャルティコーヒーを味わう





この日はおやつ時にコーヒー豆を挽き、ハンドドリップでコーヒーを淹れました。「鮮やかな苦味の中に感じる甘み。そしてキレのある後味。」が特徴という今回のコスタリカ産スペシャルティコーヒーをさっそく楽しんでいます。


スペシャルティコーヒーのサブスクリプションボックス



Coffee Base KANONDOさんで扱っているスペシャルティコーヒーは、世界で流通しているうちのわずか5%といわれ、国際審査員によって80点以上のスコアを付けられたコーヒー豆で、生産国だけでなく、生産地域や農園までトレーサブル (追跡可能) な特別なコーヒー豆。

その特別なスペシャルティコーヒーが毎月1回・定額で届く「スペシャリティコーヒーのサブスクリプションボックス (定期便)」。

京都から、焙煎したての新鮮な状態で届けてくれます。

● 約20杯分。1日に1杯飲むか飲まないかという方におすすめ。
【200g×1種 エコノミーコース】
(月額 1,598円/送料・消費税込み)
商品ページへ

● 約30杯分。コーヒーは毎日飲むという方におすすめ。
【100g×3種 スタンダードコース】
(月額 2,570円/送料・消費税込み)
商品ページへ

● 約60杯分。ご夫婦やカップルでコーヒーは毎日、またはオフィスでコーヒーを飲むという方に。
【200g×3種 スーペリアコース】
(月額 4,622円/送料・消費税込み)
商品ページへ


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。


ハッシュタグ「 #subsc 」をつけて、
ご利用の様子をぜひ Instagram に投稿してください!



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン 登録する
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン

subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】
subsc | サブスク
【何が届くか、毎月ワクワク】
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ