開けてみた『南紀白浜の新鮮な魚介類がCAS冷凍で 毎月届く』魚の定期便 干物セット

サブスクのある生活 -  2018年10月20日
Original



『毎月1回・定期購入/サブスクリプションボックス』サイトsubsc(サブスク)は、  

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けする、サブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。  

「毎月届くって実際どうなの?」   

「何がどのくらい届くの?」   

そんな疑問をお持ちの方のために、subsc(サブスク)スタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします!


今回ご紹介するのは和歌山県・南紀白浜の漁師直営『フィッシャーマンズワーフ白浜』さんの、   

漁師直営!南紀白浜の新鮮な魚介類を、獲れたて・創りたてを再現する『CAS凍結技術』で毎月お届け
(月額 6,000円/送料・消費税込み)


和歌山県・南紀白浜の新鮮な魚介類を詰め合わせて毎月1回、定額で届けてくれる、お魚のサブスクリプションボックス(頒布会/定期便)です。   

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や途中からの変更も可能です。

新鮮な海産物が届くことも大きな魅力ですが、その新鮮さを「お届け先で再現」するために、魚の細胞を傷めずに新鮮なまま冷凍する『CAS(キャス)凍結』という特殊冷凍技術を利用していることも大きな特徴です。 


冷凍便で届きます

Original




CAS凍結された鮮魚・魚介類は毎回、冷凍便で届きます。 

発送前にメールにてお届け予定日の連絡も来ますので、到着日に希望がある場合はその際に相談できます。 


今回届いたのは『南紀の干物セット』

Original




今月(2018年10月)届いたのは『南紀の干物セット』 

7種類の干物がCAS凍結された状態で届きました。

● 金目鯛開き

● サバ開き

● アイ開き

● カマス開き(2枚)

● サンマ開き(2枚)

● サンマ桜干し(2枚)

● 太刀魚ミリン干し(200g)


また、水揚げ直後に迅速にCAS凍結された『真サバのお刺身』も一緒に入っていました!!


『お手紙』と『お召し上がり方』も

Original




届いたボックスの中にはフィッシャーマンズワーフ白浜さんからのお手紙と『お召し上がり方』が入っています。

それぞれの干物は冷凍のまま、グリルで焼きました。

CAS凍結された真サバは、パックをしばらく水につけて解凍した後に『お召し上がり方』を見ながらお刺身にしました。


金目鯛の開き!

Original




太刀魚のみりん干し!

Original



アイの開き!

Original


この「アイ」という魚は「アイゴ」とも呼ばれる魚だそうです。今回はじめていただきました!


カマスの開き!

Original



サンマの開き!

Original



サンマの桜干し!

Original



サバの開き!

Original



真サバのお刺身!

Original


この『真サバのお刺身』こそ、フィッシャーマンズワーフ白浜さんの真骨頂!

魚の細胞を傷めずに新鮮なまま冷凍できる『CAS凍結技術』だから実現できる鮮度抜群のお刺身です。

とろけるような真サバのお刺身の美味しさに、あっという間に完食してしまいました!


今回も「7種の干物+真サバのお刺身」というボリューム満点の内容。

ブログ用の写真を撮影するために一気に食べましたが、1つ1つのお魚は個別に冷凍されているので、少しずつ楽しむのもオススメです!


次回(10月30日午前8時59分ご注文締切 → 11月5日〜10日にお届け)は、
旬のお造り盛り合わせ』を予定しているそうです!


● subsc(サブスク)とは
subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けする、サブスクリプションボックス(定期購入)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 
毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。
料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能
いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




subsc | サブスク【毎月届く・サブスクリプション】通販サイト

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期購入(定期便・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。



subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ