開けてみた『ソムリエ厳選の "絶対にハズさないワイン" が毎月届く』ワインの定期便 2018年2月

サブスクのある生活 -  2018年02月16日
Original


『毎月1回、定額・定期購入』専門のオンラインショッピングモール subsc(サブスク) 

「実際どうなの?」 

「何がどのくらい入ってるのかな?」 

そんな疑問をお持ちの方のために、subsc(サブスク)スタッフ自腹(!)企画としてスタッフが自分で購入し実際どうなのかをレポートします! 


こんにちは。subsc(サブスク)の篠崎太郎です。 

今回ご紹介するのは『Firadis WINE CLUB』さんの、 

”ソムリエが「絶対にハズさないワイン」を毎月1本お選びしてお送りする、ワインコンシェルジュ厳選コース” です。(税込・送料込で 3,000円/月額)
https://subsc.jp/products/102


届いたのは赤ワイン『ファンヒル シルバー・ラベル 2014年』

Original


ワインは好きだけど、『○○産の□□という赤ワインが好き』といえるほどの知識はまだない、という方も多いのではないでしょうか。

ワインを買いに行き、豊富なラインナップの中から時間をかけて、自分の予算に合う美味しいワインに出会う、これは知識がないと本当に難しいと思います。でもワイン選びに失敗したくない。

私もそんなワイン好き(酒全般好きですが)の1人です。

Firadis WINE CLUBが提供するこのサービスは、ソムリエが「絶対にハズさないワイン」をセレクトして毎月届けてくれるというもの。

今回(2018年2月到着分)届いたのは赤ワインでした。

Juan Gil Silver Label 2014
ファンヒル シルバー・ラベル 2014年
(スペイン・フミーリャ産)


解説書、ワインと合せたい料理レシピ付き!

Original


ワインと一緒にそのワインの解説と、ワインに合せたい料理のレシピがついていました。

(以下引用)
世界的ワイン評論家ロバート・パーカー氏が「叫び出したくなるほどうまい!」と言ったスペイン赤ワイン。フルーティ&パワフル、飲みごたえがある赤が大好きな方に絶対オススメの1本です。

とあります。ワイン商社フィラディスが通常はトップレストランに販売しているワインの中で、年間販売量が年間1位という超人気商品なのだそうです。

レシピがついているので、ワインと料理のマリアージュを楽しむことが出来るのは嬉しいですね。今回のワインに合う料理は『カモのソテー ベリーソース』でした。


缶詰専門家セレクトの缶詰と、コラボで楽しむ

Original


さて一緒に楽しむ料理は・・・

残念ながら、いま鴨肉は・・・ない。でもすぐ飲みたい。どうするか・・・

ということで、同じくsubsc(サブスク)で私が利用しているこちらと一緒に楽しむことにしました。

【ワインに合う美味しい缶詰】約300種類の缶詰の中から缶詰の専門家が毎月セレクト
https://subsc.jp/products/83


さぁいよいよ飲みます!

今回、解説を読んでから飲んだのですが、そこには

『食事の2〜3時間ほど前には抜栓しておくと、果実の旨味や甘味が十分に開きます。』

とのこと。

実は、私はフライングして先月もこのワインをいただいたのですが、その時は開栓後すぐに飲みました。それでも十分美味しかったのですが、今回はこの通りにコルクを抜いてから2時間ほど時間をおいて飲んでみました。

これが前回と全然違う!これがワインの面白いところなのでしょうか。解説がなかったら気付けなかった体験でした。これはよかった。美味しいカマンベールチーズ(缶詰とは思えないクオリティ)との相性もバッチリでした!

次回は白ワインだとか。期待しています!


「毎月1本では足りない」という方にはこちらもどうぞ。

● ソムリエが「絶対にハズさないワイン」を毎月1万円で4本選ぶおまかせコース
https://subsc.jp/products/89


subsc(サブスク)の定期購入は、定期購入なのにいつでもやめることが出来、また1回だけの利用後の解約も出来ます。ぜひお気軽に体験していただきたいです!    

ちなみに、ご注文の締め切りは  

毎月最終日の午前8時59分、  

お届けは翌月の5日〜10日の間です。



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ