豚肉のサブスク【農場直送便】銘柄豚 山西牧場 旨味の定期便(ヤークトヴルスト)

サブスクのある生活 -  2019年09月19日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くって実際どうなの?」
「何がどのくらい届くの?」

そんな疑問をお持ちの方のために、subsc スタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします! 

今回ご紹介するのは「山西牧場」さんの、

【農場直送便】銘柄豚 山西牧場 旨味の定期便
(月額 4,000円/送料・消費税込み)

茨城県坂東市にて養豚業を営む山西牧場さんが、「銘柄豚 山西牧場」のバラ肉・ロース肉といった精肉や、ハム・レトルトカレーなどの加工品を厳選し “毎月1回・定額” で届けてくれる「豚肉のサブスクリプションボックス(定期便)」です。  

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


銘柄豚 山西牧場「ヤークトヴルスト」

Original


今回(2019年9月)山西牧場さんの “旨味の定期便” で届いたのは「ヤークトヴルスト」でした。

この「ヤークトヴルスト」とは??

毎回同封されている、山西牧場・倉持代表からの手紙には、

「ドイツ語でヤークト=狩り、ヴルスト=ソーセージを意味します。英語では『ハンターソーセージ』とも呼ばれますが由来はドイツ皇帝が狩りの際に持っていったことだそうです。モモやウデの挽肉を粗挽きにして太めのソーセージにしてあります。」

さらに、

「こちらの商品は新作ということもあり、subsc にご登録の皆様に先行でお出しさせて頂きました!

とありました。これは嬉しい!


ヤークトヴルストのサラダ仕立て

Original


山西牧場・倉持代表からの手紙には、さまざまな食べ方の提案がされています。「加熱済みなのでそのままでも」とあったので、まずは薄くスライスして野菜と一緒に。ヤークトヴルストの香辛料の風味がたまりません。


ヤークトヴルストの厚切りステーキ風

Original


続いては厚めにカットして焼いただけの状態で。焼く際は十分すぎる脂がヤークトヴルストから溢れ出すためフライパンに油をひく必要はありません。

先ほどのスライスして食べた際とはまた違ったスパイスの風味と、豚肉の濃厚な味わいが口中に広がります。これは食べごたえがあります!


ヤークトヴルストおにぎり

Original


最後はやや厚めにスライスしたヤークトヴルストをさっと焼いておにぎりに。さっぱりとした脂の旨味が染み込んだ白米と、濃厚なヤークトヴルストの肉の味わいとが絶妙に合います。


山西牧場の豚肉が毎月届くサブスクリプションボックス

Original


肉のおいしさは脂で決まる」という信念から、美味しさにとことんこだわって生産された山西牧場さんの豚肉。

そんな山西牧場さんの豚肉が、さまざまな形で “毎月1回・定額で” 届く「豚肉のサブスクリプションボックス (定期便)」。

● 精肉 
「バラ」「ロース」「肩ロース」など、さっと焼くだけで食べられる形で。

● 加工品 
 「ハム (スライス・ステーキ) 」「ベーコン」「ペッパーハム」「ソーセージ」「フランクフルト」「レトルトカレー」 など、手軽に食べられて存分にお肉の旨みを感じられる形で。

これらの精肉・加工品から毎月1回、山西牧場さんが厳選して届けてくれます。

来月はどんな形で「銘柄豚 山西牧場」の豚肉が届くのでしょうか?次回の到着を楽しみに待ちたいと思います。


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ