【ワインのサブスク】有名産地の基本ワイン+合う料理のレシピが毎月届く定期便(2018年3月)

サブスクのある生活 -  2018年03月12日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subsc スタッフが実際に利用してみた様子をレポートします!  

今回は Firadis WINE CLUB さんの、
毎月1本でワインに詳しく!有名産地の基本ワイン+合う料理のレシピをお届け
(月額 3,000円/送料・消費税込み) 

“毎月1回・定額” で、ソムリエが厳選したワイン1本と、そのワインに合う料理のレシピを届けてくれる「ワインのサブスクリプションボックス (定期便)」 です。

※ 1回ご利用後の解約やスキップ (1回お休み) も可能です。
※ お届け先指定や途中からの変更も可能です。


届いたのは白ワイン『アナヨン シャルドネ 2016年(スペイン)』

Original


今回届いたのは『グランデス・ビノス・イ・ヴィニェドス “アナヨン” シャルドネ 2016年(スペイン・カリニェナ産)』という白ワイン。

また『ワインの解説』と『このワインに合せたいお料理レシピ』も同封されています。

この『ワインの解説』が個人的には非常に重要だと思っており、先入観なしに楽しむのも良いのですが、これなしで普通に飲んでしまうと、単に「美味しい」で終わってしまう気がします。本当に有り難いです。


今回の解説を一部抜粋すると、

『まるでパイナップルやマンゴー!完熟トロピカルフルーツのような濃厚白ワイン、アナヨン。

「スペイン最高のワイン」の造り手による、極限まで凝縮したシャルドネに驚嘆します。』

さらに、

『このワインを飲むときに是非ともやって戴きたいことがあります。

それは、出来るだけ大きめのグラスに注ぐことです。すると、何が起きるでしょう・・・?

香りが、まるで「爆発」するように、飲む人に迫ってくるんです。』

とあります。

まずい・・「大きめのワイングラス」はない・・・


ワイングラスを買ってきました!

Original


こんな解説を読んでしまったら、大きいワイングラスで絶対に飲みたい、ということでグラスを買ってきました!

これで準備はOKです。


ワインのお供は『ワインに合う美味しい缶詰』

Original


この白ワインと合う料理として紹介されていたのは『家庭でかんたんに作れる本格パエリア』だったのですが、

実は、subsc(サブスク)にて同じく私が利用している『ワインに合う美味しい缶詰』で先月届いていた、

●ムール貝の白ワイン蒸し風
●焼き鯖のアヒージョ 

をこの日のためにとっておいたので、この組み合わせでいただこうと思います。


濃厚白ワインを楽しむ

Original


大きめのグラス効果か、これは本当にブドウから造られているのか?と思わせる南国フルーツのような香りを存分に楽しめました。

ムール貝と焼鯖のアヒージョもこの白ワインに合う!

缶詰は開封してそのまま食べたのですが、一手間かけて温めるとより美味しくいただけそうです。

次回届く予定のワインは下記にて公開されています。ぜひご覧ください!

毎月1本でワインに詳しく!有名産地の基本ワイン+合う料理のレシピをお届け
(月額 3,000円/送料・消費税込み) 

Firadis WINE CLUB 商品一覧


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン 登録する
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン



subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ