豚肉のサブスク【農場直送便】銘柄豚 山西牧場 旨味の定期便(豚Tボーン)

サブスクのある生活 -  2019年11月18日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くって実際どうなの?」
「何がどのくらい届くの?」

そんな疑問をお持ちの方のために、subsc スタッフが自分で購入し、実際どうなのかをレポートします! 

今回ご紹介するのは「山西牧場」さんの、

【農場直送便】銘柄豚 山西牧場 旨味の定期便
(月額 4,000円/送料・消費税込み)

茨城県坂東市にて養豚業を営む山西牧場さんが、「銘柄豚 山西牧場」のバラ肉・ロース肉といった精肉や、ハム・レトルトカレーなどの加工品を厳選し “毎月1回・定額” で届けてくれる「豚肉のサブスクリプションボックス(定期便)」です。  

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


山西牧場専用の化粧箱で到着

Original


山西牧場さんの「銘柄豚 山西牧場 旨味の定期便」が、ロゴ入りの化粧箱で届きました。

subsc ではお申込み時にお届け先の指定が出来るため「毎月贈る豚肉のギフト、プレゼント」としてもおすすめです!


銘柄豚 山西牧場「豚Tボーン」

Original


Original


今回(2019年11月)山西牧場さんの “旨味の定期便” で届いたのは「豚Tボーン」でした。箱を開けた瞬間に「おおぉぉっ!」という声があがる程のインパクト大の迫力です。

毎回同封されている、山西牧場・倉持代表からの手紙には、
T字型の骨を挟んで、ロースとヒレが合わさった商品。つまり、最高級部位のいいとこ取り。牛肉ではサーロインとフィレで有名なTボーンのお肉ですが、もちろん豚にもあるのです!今回はステーキ状で1枚250gのボリュームで2枚用意しました。ロースは肉肉しい味わい。ヒレは柔らかく、しっとりと。どちらも特徴のある部位なので楽しめるかと思います」

とありました。手紙に書かれていたおすすめ通り、今回は「ステーキ」でいただくことに!


銘柄豚 山西牧場「豚Tボーンステーキ」

Original


Original


初体験となる「豚Tボーン」をステーキに。低温でじっくりじっくり火を通して焼き上げてからいただきました。その豚肉の柔らかさ、旨味はもう最高。骨まわりのお肉までガジガジとかぶりついて味わいました!

牛肉のTボーンもなかなか手に入りづらいと感じていましたが、「豚Tボーン」となると店頭に並んでいることはなかなかないのではないでしょうか。お肉の美味しさとともに、記憶に残る食体験となりました!


山西牧場の豚肉が毎月届くサブスクリプションボックス

Original


肉のおいしさは脂で決まる」という信念から、美味しさにとことんこだわって生産された山西牧場さんの豚肉。その山西牧場さんの豚肉が、さまざまな形で “毎月1回・定額で” 届く「豚肉のサブスクリプションボックス (定期便)」。

● 精肉 
「バラ」「ロース」「肩ロース」など、さっと焼くだけで食べられる形で。

● 加工品 
 「ハム (スライス・ステーキ) 」「ベーコン」「ペッパーハム」「ソーセージ」「フランクフルト」「レトルトカレー」 など、手軽に食べられて存分にお肉の旨みを感じられる形で。

これらの精肉・加工品から厳選し、毎月1回、山西牧場さんが厳選して届けてくれます。

【農場直送便】銘柄豚 山西牧場 旨味の定期便
(月額 4,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。



\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ