豚肉のサブスク「山西牧場 ぶたづくし定期便」《 親子豚サラミ 》

サブスクのある生活 -  2020年10月22日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subsc スタッフが実際に利用してみた様子をレポートします! 

今回ご紹介するのは「山西牧場」さんの、
山西牧場 ぶたづくし定期便
(月額 4,000円/送料・消費税込み)

茨城県坂東市にて養豚業を営む山西牧場さんが、「銘柄豚 山西牧場」のバラ肉・ロース肉といった精肉や、ハム・レトルトカレーなどの加工品を厳選し “毎月1回・定額” で届けてくれる「豚肉のサブスクリプションボックス(定期便)」です。  

※ 1回ご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


山西牧場 ぶたづくし定期便が到着

Original


毎月1回届く「ぶたづくし定期便」が到着。商品が入った袋にはワンポイントで豚さんが!


山西牧場「3 é mon 親子豚サラミ」

Original


今回(2020年10月)届いたのは「3 é mon 親子豚サラミ」でした。

毎回同封されている山西牧場・倉持代表からの手紙には、
「使用したのは、山西牧場の豚モモ肉100%。なぜ “親子” なのかというと肉味の濃さやコクを引き出すため、半分は親豚(母豚)のモモを使用しているのです!(中略)しっとり、さっぱり、でもコク深い。そんな親子豚サラミをじっくり味わっていただけたら幸いです」とありました。

この「3 é mon」とは、山西牧場さんが農場直送でお届けするクラフトポークブランド。(3 é mon ブランドサイト)スライスされたサラミが3パック(各120g)届きました。


じっくりと2ヶ月熟成させたサラミ

Original


「塩気を抑え、豚肉の旨味を活かすことを意識しました」という今回の親子豚サラミはじっくりと2ヶ月熟成させたという逸品。まずはビールとともにいただきました。噛む程に豚肉の旨味が口の中に広がり、これはビールがすすみます!


親子豚サラミピザ

Original


続いてはサラミピザをつくりました。今回の親子豚サラミをのせただけのシンプルな一品ですが、この組み合わせは間違いなし。抜群の美味しさでした。


親子豚サラミとキャベツのペペロンチーノ

Original


三品目は親子豚サラミをキャベツと炒めてペペロンチーノパスタに。サラミの味わいにピリッとした辛さが加わり絶品ペペロンチーノになりました。


山西牧場の豚肉が毎月届くサブスクリプションボックス

Original


肉のおいしさは脂で決まる」という信念から、美味しさにとことんこだわって生産された山西牧場さんの豚肉。その山西牧場さんの豚肉が、さまざまな形で “毎月1回・定額で” 届く「豚肉のサブスクリプションボックス (定期便)」。

● 精肉 
「バラ」「ロース」「肩ロース」など、さっと焼くだけで食べられる形で。

● 加工品 
 「ハム (スライス・ステーキ) 」「ベーコン」「ペッパーハム」「ソーセージ」「フランクフルト」「レトルトカレー」 など、手軽に食べられて存分にお肉の旨みを感じられる形で。

これらの精肉・加工品から厳選し、毎月1回、山西牧場さんが届けてくれます。
来月はどんな豚肉が届くのでしょうか?次回の到着も楽しみです。

山西牧場 ぶたづくし定期便
(月額 4,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン




subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ