【刺身のサブスク】南紀白浜のとれたての魚をお造りで!CAS凍結で毎月届く定期便(2020年12月)

サブスクのある生活 -  2020年12月14日
Original


subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス (定期便) 専門のオンラインショッピングモールです。(参考:サブスクリプションボックスとは?)

「subsc(サブスク)とは?」
「毎月届くってどうなの?」
「実際に何が届くか気になる」

という方へ、subsc スタッフが実際に利用してみた様子をレポートします!  

今回ご紹介するのは和歌山県 “フィッシャーマンズワーフ白浜” さんの、

南紀白浜のとれたての魚介類を刺身・お造りで。新鮮なまま『CAS凍結』で毎月届く定期便
(月額 4,980円/送料・消費税込み)

新鮮な魚介類が “毎月1回・定額” で届く「刺身のサブスクリプションボックス (定期便) 」です。

新鮮なお刺身が届くことも大きな魅力ですが、鮮度を保つために 魚の細胞を傷めずに新鮮なまま冷凍する「CAS (キャス) 冷凍」という特殊冷凍技術を利用していることも大きな特徴です。 

※ 1回ご利用後の解約やスキップ (1回お休み) も可能です。
※ お届け先の指定や変更も可能です。


お刺身の定期便がCAS冷凍で到着

Original


Original


フィッシャーマンズワーフ白浜さんから届く「お刺身のサブスクリプションボックス (定期便) 」は、毎月1回・CAS冷凍された状態で届きます (冷凍便)。

subsc ではお届け先の指定ができるため、ご自宅用としてはもちろん「毎月贈る、お刺身・お造りのギフト」としてのご利用にもおすすめです!

今月(2020年12月)届いたお刺身は、
● 小鯛姿造り
● 九絵 (クエ)
● さわら炙り
● 鰹タタキ
● 太刀魚炙り

以上の5種類でした。ひろめ (ワカメと同属の希少な海藻) とわさびも同封されていました!


小鯛姿造り

Original


Original


CAS冷凍されたお刺身の解凍方法はとてもかんたん、袋のまま流水解凍するだけです。お刺身はプロの料理人によってカットされた状態で届いたため、解凍後は包丁いらずですぐに食べることができます。

こちらは小鯛の姿造り。お刺身を楽しんだ後、頭などアラの部分は味噌汁にしていただきました!


九絵 (クエ)

Original


こちらは高級魚・九絵 (クエ) のお刺身。上品な味わいがたまりません!


さわら炙り

Original



鰹タタキ

Original



太刀魚炙り

Original


続いては3種の炙り「さわら」「鰹タタキ」「太刀魚」です。

CAS凍結技術で冷凍することで、解凍後も「生」本来の食感を味わうことが出来るフィッシャーマンズワーフ白浜さんのお刺身。今回も冷凍とは思えない抜群の美味しさでした!


CAS冷凍で毎月届く刺身のサブスクリプションボックス

Original


フィッシャーマンズワーフ白浜さんが新鮮な魚介類を「CAS冷凍」した状態で毎月届けてくれる「刺身のサブスクリプションボックス (定期便/頒布会) 」

和歌山県・南紀白浜の漁師たちが新鮮な魚介類を「お刺身・お造り」にして、大人2~3名が1回の食事で食べる量を目安に届けてくれます。

南紀白浜のとれたての魚介類を刺身・お造りで。新鮮なまま『CAS凍結』で毎月届く定期便
(月額 4,980円/送料・消費税込み)

◆ 多彩な魚料理セットが毎月届くこちらも!
南紀白浜の新鮮な魚を多彩な料理で。作りたてを再現する『CAS凍結』で毎月届く定期便
(月額 6,000円/送料・消費税込み)


● subsc(サブスク)とは

全国の注目ショップが厳選したアイテムを「毎月1回・定額」でお届けするサブスクリプションボックス(定期便)専門のオンラインショッピングモールです。


● 毎月1回お届け 

毎月5日~10日の間に各ストアよりお届けします。料金は月末日に1ヶ月分をクレジット払いにて自動でお支払いただきます。


● いつでも解約可能

いつでもかんたんに定期購入を停止することができます。1回のみご利用後の解約やスキップ(1回お休み)も可能です。




\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン 登録する
\最新〜お得な情報をお知らせ/ メールマガジン



subsc | サブスク【何が届くか、毎月ワクワク】

subsc(サブスク)は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを“毎月1回・定額”でお届けする『サブスクリプションボックス/定期便(定期購入・頒布会)』専門のオンラインショッピングモールです。




subsc マガジン 記事一覧 はこちら

subsc(サブスク)トップページへ